大阪府立みどり清朋高等学校・池島高等学校同窓会公式サイト

同窓会について

会長

 同窓会会員の皆様におかれましては益々ご健勝で、ご活躍のこととお喜び申し上げます。

 また、平素は格別のお引き立てを賜り、大変ありがたく御礼申し上げます。


常任幹事会の推薦、役員会で選任され、令和元年7月の総会でご承認をいただき、井上前会長の後を受けて会長職を務めさせていただくこととなりました、
池島高校第四期卒業生岡本 栄と申します。


 ご存知のようにみどり清朋高等学校は、2008年に池島高等学校と清友高等学校が合併し、 池島高校1974年開校から2010年閉校まで33期生卒、みどり清朋として2010年から2019年まで9期生の卒業生を送りだし去年に10周年を迎えました。

大阪府立みどり清朋・池島学校同窓会歴代会長が、築かれた伝統と歴史を考えますとその責務の重さに身の引き締まる思いがいたします。

 昨今の社会情勢、少子化問題等や学区の再編等により、高校を取り巻く環境は、大変厳しいものがございます。そんな中、同窓会といたしましては、同窓生の足元を照らし、同窓会の本来の役割を果たすことができれば少しでも寄与できるかと考えております。

同窓会の本来の目的であります、会員相互の交流と親睦を図り、PTA・後援会・教職員の各種団体の皆様方と力を合わせつつ、社会において活躍されている同窓生のネットワークを構築できれば、道は開けると思います。


 同窓会活動におきましては、まだまだ、微力な私でございますが、同窓会会員皆様のあたたかいご支援ご協力をいただきながら、母校と同窓会の更なる発展に尽力していきたい所存でございます。
最近は、総会に会員様の出席も少なくなり寂しい限りでございます。卒業後の10年〜20年は、公私においてお忙しいかと思いますが、ふと昔を懐かしく思い出すことがあると思います。その時代といえば、やはり高校時代だと私は思います。
卒業アルバムを探して見ることもできますが、やはり直接会って昔を懐かしく想い出し会社の愚痴等言い合っては如何でしょうか そういうことが、できるのはやはり同窓生しかないと私は思います。
幸いここ数年間の総会の場所は、校長先生のご協力も頂き母校でもあるみどり清朋高校にて開会しております。
是非会員の皆様には、定期的に母校に帰ってきて頂きたいと私は思います。


  NMB48も歌っています(^_^) 
さあ 母校へ帰れ! 見失ってしまった夢は 教室の机の中 また一から 探そうか 
会員様の原点の場所ともいえる母校へ帰ってきてください!! 

 創立10周年を迎えたみどり清朋高校がこれから、20、30周年を迎えることを目指して、私たち同窓会としても精一杯頑張っていきたいと考えております。

また、私自身この高校で紡いだ縁をとても大切にしております。そこで皆様方にも、この高校で出会ったご友人や先生方のことを思い出し、ぜひその縁を次の世代にも紡いでほしいと考えております。同窓会の私たちは、そんな皆さんの縁をこれからも強く結べたらと思います。

これまで大阪府立みどり清朋・池島学校同窓会の会長としてご尽力いただいた会長方に感謝の意を表すとともに、同窓会会員の皆様のより一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではありますが、会長就任の挨拶に代えさせて頂きます。

今後とも、大阪府立みどり清朋・池島学校同窓会をよろしくお願い申し上げます。


 それでは、来年の総会で 母校でお会い致しましょう お待ちしております!!

2019年(令和元年)7月

↑ページトップ